分析発表対策

分析発表演習とは?

人材アセスメント試験の一メニューであり、主に受験生の思考面を診断する演習です。方針策定演習と呼ばれる場合もあります。
演習の内容は、一般的に①分析、②発表に分かれています。
 

①分析

受験生は、複数ページに渡る膨大な演習課題を与えられます。多くは、管理職となり、営業所等の組織の問題点・課題を分析し、方針や具体的な施策を立案するというパターンです。このような困難な内容を概ね2時間程度で、1人で行うことになります。
 

②発表

他の受験生の前で、自身の案をプレゼンテーションします。
主に思考面を診断する演習ですが、このプレゼンテーションを通じて対人的側面も色濃く観察されます。
 

評価される能力(ディメンジョン)は?

分析発表演習では、他の演習以上に錯綜した情報を理解・分析し、自身の方針・具体的な施策を導きださなくてはなりません。そこでは、情報理解力であったり、真の問題を見つけ出す能力、今後の重点課題を策定する能力、方針を決定する決断力、具体的に計画に落としこむ能力など、上位の管理職として事業をマネジメントしていく能力が問われます。
 

分析発表演習対策のポイントは?

ポイント①

試験の合否はディメンジョンの評点で決まります。他の演習と同様に、回答がディメンジョンにどのように影響するのかを知ることが重要です。
 

ポイント②

評価者であるアセッサーは”能力発揮度”を評価するため、アウトプット量が少なければ(例えば、模造紙が1枚で終わってしまったり、発表が5分で終わってしまったりすると)、その分評価は低くなります。従って、その場でアウトプットする内容を試行錯誤するよりも、回答のフレームのバリエーションをあらかじめ持っておくことが必要となります。
 

分析発表演習トレーニングコース概要

講座のタイムスケジュールおよびカリキュラム

  • 時間:210分
  • カリキュラム(以下の通りです)
時間 内容
5分
5分
5分
130分
10分
10分
10分
30分
5分
オリエンテーション
アセスメント研修解説
分析・発表演習説明
分析演習個人処理・発表準備
休憩
発表演習(ビデオ撮影)
ビデオ振り返り(講師フィードバック)
分析・発表演習対策講義
Q&A

※演習課題はご受講後に回収させていただきます。
 

受講特典・納品物

分析発表演習時には本番同様ビデオ撮影を行い、SDカードに記録いたします。
講座終了時には、ご自身が撮影された貴重なSDカードをお持ち返りいただけます。
※弊社では個人情報保護の観点から弊社の情報機器へのビデオのコピー保存等は一切行っておりません。

特典・納品物 進呈タイミング
分析発表演習攻略テキスト 分析演習ポイント解説時
分析発表演習レポート 1週間以内に電子メールにて送付
発表演習SDカード 発表終了時

分析発表演習フィードバックシートサンプル
APsamplereport
 

受講料金

  • 分析・発表演習 フィードバックレポート付 33,000円(消費税込み)
  • 分析・発表演習 フィードバックレポートなし 27,000円(消費税込み)

 

対象者

  • 課長及び部長候補者で、近日中に人材アセスメントの面接演習を初めて受験することになったため、事前の対策により合格の確率を高めたいと思っている方
  • 課長及び部長候補者で、過去の人材アセスメントで不合格となったったが、何が悪かったのかが分からない・次回のアセスメントに向けてどのように対策するべきかで悩んでいる方

※同業者の方はご遠慮願います。